美しくなるためのこぼれ話 ~Maitrii Beauty~

美容の知りたいのに知れない話モリモリ書いてます


ブログ内のイラスト・写真、掲載内容は転載禁止デス
MENU

【30代のあなたへ】オバサンの分かれ目へようこそ!顔と首の境目くっきり出てますよ?

「ほら~、○○おばさんよ~💖」

と悪気がなく、射るように突き刺さる普通名詞。

もう一番乗りに言った人の事は一生忘れないのではないかというくらい印象に残りすぎますね。

 

30代、、、妙齢と言われる年代です。
私は上記の不幸にまだあっていませんが、合わないように自ら「私のコトは関ちゃんって呼んでね!」っと保険をかけておこうと思います。

ですが、このブログを認めてる時に1つの思い出がよぎりました。
私は失態を犯しております
当時、専門学校生(19歳)の私は研修旅行でイギリス・フランスに行ったおり、ベルサイユ宮殿の園庭で写真を友達と撮ろうとしていたのです。

f:id:maitriimaitrii:20161026174045j:plain


その時団体で来ていた40代~60代のお姉さま方10名ほどが先にベストなポイントで記念撮影をしていました。私たちもそこで撮りたかったのですが先輩の邪魔をしちゃいかんと思い、言い放ったのです。

「おばさんが写真撮ってるからちょっと端に寄って順番待とう!」

と、この通らなくていいところで隅々まで轟かせる、とってもよく通る声で爆弾を投げつけてしまったのです。

その時は、このオソロシワードに気づいてませんでした。
むしろ「言ってやった」くらいに思っていたし、級友も私の発言を何食わぬ顔でおとなしく順番待ちをしていました。そうです。これっぽっちも気づいてませんでした。
ハチの巣をつついたようにお姉さまの団体は「オバサン…」「オバサン…」「オバサン…」「オバサン…」と口々に言うか、絶句していたのに。。。

おそらくあの団体の方の半数は私の顔を忘れないように脳内に刻み込んであろうと推測します。

『今日が「私のオバサン記念日」』と…。

この場をおかりし、本当に大変本当に本当に申し訳なく思っています。
いまなら痛いほどとんでもないことを外国で口走ったのが分かり猛省しております。
「ごめんなさい!!!!」

 

 

 

 

高いクリームは、ぼったくり!?

f:id:maitriimaitrii:20161022194458j:plain

 ピッチピチの年齢不詳の方々は30代できちんと手入れをされている先輩方。

 

 

間違っても安―――いクリームで保湿をしていたりしないのです。

安くても良いモノを私たちは探します。私も欲しいです。
ですが、「安すぎ」は気をつけましょう。

何が違うのか?
同じ成分表示で1万円のクリームと400円のクリーム、成分が似ているなら400円の物を購入してしまいがちです。(なんのクリームの話か分かる方は分かりますね(笑))


ですが、1万円のクリームは「騙している」「ぼったくっている」のでしょうか?


いいえ。
内容成分のグレードが違うのです。

例えば、1万円のモノにも400円のモノにも同様に「スクワラン」が入っていると表記されていたとします。

丁寧に精製されていればいるほど高額になり肌負担は少なく、
精製が粗い低額でかつ肌刺激につながりやすくなります。


わかりやすく言うと、同じ金色のシンプルなネックレス。
18kが1万円、メッキが400円。

似ているけど、違う物なのです。
金属アレルギーがある方はメッキでかぶれたりすることが多いですよね?
クリームも同じです。
1万円のクリームは肌に馴染みやすく事細かにつくられていますが、安価な物はそこまでコストをかけられません。

安価な物は長期使用すると逆にトラブルになりやすい事は、これから「年齢不詳」を狙っていくなら覚えておいて損はありません。相応のモノを使用していきましょう。

 

30代の私たちがケチってはいけないものBEST3
No.1 洗顔料
No.2 クリーム
No.3 美容液


この順位は年齢が上がってもあまり変わりません。せいぜい人により2と3が入れ替わるくらいです。
特に、軽視しがちな洗顔料。
ここを見誤ると必要以上に肌が乾燥して年齢が上がると「あの時こうしていればよかったー!」と今に思いを馳せるコトになりかねませんよ。。。

結構、聞いた事のある台詞だったりします。
「30代の私に、化粧品を見直すように言いたい」という話。先輩。勉強になります。

 

本当にお願いだから、
洗顔料を見直して―!!!
洗浄力の強い洗顔料を使わないで―!!!


それが、一番の近道なのー!!!


あれ?メイク落としたのに分かれ目があるな…

 

f:id:maitriimaitrii:20161008162303p:plain
じー…

「はッ!!」


「年齢不詳になってやる!」と言いながら知らないうちにお顔ばかりのケアをしてしまい、顔と首の色が違ってませんか?

 

ファンデの色が濃かったり白っぽかったりで境目が出来てる方をお見かけしますが、スッピンになってもその境目がある方いらっしゃいませんか?

  

そんなあなたは…

 

Oh! YES!!! 


首が焼けとりますし、お手入れ不足でございます。

 

 

このままいくとそれは、シワになり、たるみになり、イボなどにもなりかねません。

f:id:maitriimaitrii:20161010113238p:plain

自分の首ってグッと顔を上げないとシワや色とかって目立たないじゃないですか?
夏の間、日焼け止め塗りたくりました?
「顔が屋根になって焼けない。」とか、「首は焼けない」と思って塗ってなかったりしてませんか?

 

お手入れの不足は利子付きで戻ってきます。今すぐ、それはケアをはじめましょう。

 

まずは、3ヶ月。
お顔と同じスキンケアを首までする事。
洗顔料・化粧水・美容液・オイル・クリームなど全て)



首の前側にはあまり皮脂腺がありません。
ベタベタするなーと思うのは、汗腺から出る


もともと、皮脂腺が少ないので首は皮脂不足(潤い不足)になりやすい。
そこを洗浄力の強いボディソープやスクラブなどで洗ってしまうとカッサカサです。


パッと見はわかりません。
お顔と違って手間をかけていない分、見ていないので
「首はこんなもんか」と思ってしまいます。

ところがどっこい!!
その「こんなもんか」が年々スゴイ持久力で踏ん張りを利かすことになります。

それは、首のシワやたるみとして効力を発揮するのです。



子供の時に石をどかすと見たことない虫がいたように、「あごを上げると見たことないシワやたるみが40代で現れる」らしいです(エステティシャン談)

f:id:maitriimaitrii:20161026173231p:plain


見たことないモノができるだけ現れないように、目立たないように。

 

 

 

年齢不詳になる大事な事


洗顔料を見直す!!!

首も顔の一部、洗顔料を使って洗う!!!

お手入れの際は気になる所から化粧水やオイル、クリームをつけはじめる

 

30代の方はテクスチャーの好き好きでオイルとクリームを選べる。何よりも、洗顔を見直して、オイルかクリームを使用してもまだ状態が芳しくない場合は『美容液』をプラスしましょう

 ●40代になるとホルモンのバランスが崩れ中からみずみずしさを保つのが難しくなってきます。そのため外から補給することを怠るとバッサバサになり、シワやシミが深くなる原因になる為、美容液とクリームはマストで必要。みずみずしさを保つ為にオイルも使用するこをお薦めします。

 

 

f:id:maitriimaitrii:20160819185851p:plain

 

ちょーーーっと時間たつと日々の事で、忘れてしまうのが悲しいところ。

 

でも。でもでもでもでも。
友達の首や母親の首とかってよーーーーく見えますよね?

そして、改めて

「はッ!!」

とするんですよね。。。。

 

 目指せ、年齢不詳!待ってろよ!40代!!負けないぞ!50代!返り咲くぜ60、70、80、90代ー!!!
女はどこまでもどん欲だ―――!!!

 

seki------------------

妙齢ってGoogle先生に尋ねると《「妙」は若い意》若い年ごろ。特に、女性の若い年ごろ。妙年。「―の婦人」とでてきました。ここまで認めといてなんですが、「思ってたのと違う…」私の認識は『触れてはいけない話題とワードがある世代』だと思っていた…女盛りだって!ま、確かに楽しいけどねー。
妙齢なんで。f:id:maitriimaitrii:20160603141604p:plain

皆さん、丁重に、慎重に扱って下さい。そこんとこくれぐれも妙齢よろしくお願いします。妙…てねぇ…?
------------------------

 

f:id:maitriimaitrii:20161010141739j:plain

ご予約やご不明な事などお気軽にご相談✉ください。

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


渋谷・表参道・青山エリアにあるSalonスタッフの独り言。たまに為になる事書いてある可能性があります