読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しくなるためのこぼれ話 ~Maitrii Beauty~

美容の知りたいのに知れない話モリモリ書いてます

MENU

【日焼け止めの話】SPF・PAとか、なんのこっちゃよく分からん。

え?塗ったのに焼けてるんですけど!!

f:id:maitriimaitrii:20170121135520j:plain

よく、SPFとかPA+++とか日焼け止めに書いてありますよね?


「なんだかわかんないけど、数字が大きい方が良さそうだし。」みたいな感覚で選んでません?


そのレジャー用の日焼け止め、街中で使います???

 

 

 

SPF?PAとは?

f:id:maitriimaitrii:20170121133810j:plain

紫外線B波をどれくらいカットするか示した指数が「SPF」。

紫外線B波は、海などのレジャーで「え?なんか気づいたら焼けてんだけど。」っていうガンガンに紫外線が降り注ぐ場所や長時間外出している際はマストで必要。

 

SPF1から50までランクがあり、
数字が大きくなればなるほど紫外線B波をカットする時間が長くなります。

 

ですが、

数値が大きくなると肌への負担は増します。

 

  

f:id:maitriimaitrii:20160813122153j:plain

PA+、++、+++、++++の4段階。
+が多い方がA波をカットします。

普通に日常過ごしていて、気が付くとうっすら「日焼けしてない?」コレ、紫外線A波の影響。日々の生活の中でじんわり日焼けさせるのが特徴です。


A波をどれくらいカットするかは+の数で表わされています。 

 

日焼け止めのまとめ

●SPF数値が大きくなると肌荒れリスクが高くなる。
紫外線量の少ない冬は、SPF20 PA++くらい、夏場はSPF30 PA+++以上のモノを使います。
●冬場は日焼け止めをしない人がいるが必ず使用する。化粧下地などの代わりに使用するのもオススメ。

 

 

 

広告を非表示にする

渋谷・表参道・青山エリアにあるSalonスタッフの独り言。たまに為になる事書いてある可能性があります